運営:エール総合探偵社 〒901-2131 沖縄県浦添市牧港1-44-15
沖縄県公安委員会探偵業届出証明書番号:第97080012号
一般社団法人日本探偵士会認定第1022号

無料相談はこちら 24時間受付・年中無休

0120-783-466

夫婦関係の修復 復縁について

探偵に浮気調査を依頼する目的は「不貞行為の証拠」をつかむ事ですが、その証拠をもとに
"相手に慰謝料を請求するため離婚調停や裁判を行う"というイメージを大半の方はお持ちではないでしょうか。

しかし「離婚はしたくない」という選択のもと、夫婦関係の修復、復縁を望む方からの依頼も多くあります。
妻や夫の浮気/不倫発覚後の複雑な心境の中で、そのような選択をするという事は、何か強い想いやお考えがあるからこそだと思います。

妻や夫と復縁をして、その後の夫婦関係を修復するためのポイントをここで具体的にご説明していきます。

浮気/不倫をした妻や夫と復縁を望む理由

エール総合探偵社 沖縄探偵に寄せられるご相談で「妻(旦那)が浮気をしているが、家庭を壊したくない」という思いのもとに、浮気/不倫調査を依頼なさる方は、とても多いのですが、どうして夫婦関係の修復や復縁を望んでいるのかという"理由"は、依頼者さまを取り巻く環境でもかなり異なると感じております。

また、離婚よりも再構築を選択する理由は、自己の意思によるもの、周囲の人間関係や環境に関するものなど様々です。

 

世間体が気になる

  • 離婚したことが周囲にすぐに知れ渡る
    沖縄では地域的に密接な傾向であるために、直接的にも間接的にも人間関係の繋がりが強く、結果としてご近所・職場・子供の学校などに知り合いが多いので、話が筒抜け状態という事態は珍しい事ではありません。
    それが原因となり、"学校で子供がいじめられないか"と心配になるケースや、両親や親戚に離婚を反対されるといったケースもあるようです。
  • 職場での昇進に響くか心配
    現代人の考え方として、プライベートと仕事は切り離して考える傾向になってきたため、一昔前ほど離婚が仕事に及ぼす影響はなくなってきました。
    しかし、離婚の理由が「不倫」の場合、イメージダウンは免れません。

浮気/不倫行為に対する制裁・罪を償わせたい

浮気/不倫された事実よりも、自分を裏切った相手が許せないという事に怒りの焦点が向くので、浮気/不倫をした側からすると一番恐ろしい事なのかもしれません。

女性に多く、怒りの感じ方も様々ですが、

  • 離婚後に浮気/不倫相手と一緒になるのが許せない
  • 離婚するよりも今後の生活の中で、もきちんと罪を償わせたい

このような事を強く感じている方が多いような気がします。
自分を裏切った相手にそう易々と幸せになってほしくないから、別れないという考え方もあるようです。
また、浮気/不倫相手が共通の知人であったり、自分よりも若く、容姿も良く、エリートだったり、その逆で自分よりも劣っているなどの理由から、悔しさや憎さの感情が大きくなり、結果として制裁や罪を償わせたいという傾向が強くなるようです。

子供への影響を懸念して

今後どうしていくかと、夫婦の話し合いの中で一番に上がるのが子供の事です。
離婚を前提に考えると、子供の環境を大きく変えてしまう事になるので、感情的にならず思慮深く進めていかねばなりません。

  • 妻が浮気/不倫している夫の考え方
    子供のメンタルへの影響が大きい。子供の成長過程を考えると、浮気/不倫している妻といえども、どうにか家庭環境を壊さずに解決できないか…。
    離婚する事で、引っ越し、友達、学校の転校、など気がかりなことがたくさん…。
  • 夫が浮気/不倫している妻の考え方
    自分が我慢すれば環境を変えずに子育てができる。離婚する事で子供の苗字が変わることも心配。子供が成人するまでの辛抱。その間、夫婦関係もどうにか修復もできるかもしれない…。

考え方に違いはありますが、子供を想う気持ちは同じです。
また、子供への影響を懸念するという理由は、次にあげる「経済的に不安」という理由ともリンクしています。

経済的に不安

経済的・収入に関する事も、妻・夫で理由の違いがあります。

  • 夫の場合
    一度家庭を持ち、身の回りの世話を全て妻に任せている場合、離婚する事で仕事と家事を両立しながらやっていけるのか強い不安を覚える。
  • 妻の場合
    家計を夫に依存している場合、離婚後にこれまでと同じ生活水準を保つ事が出来るのか不安。
    慰謝料も養育費もしっかり貰っていかないと、子供の教育費も心配。
    進路や習い事などやりたいことを我慢させたり、諦めさせたくない。

妻・夫の事が好き

浮気/不倫をされても、まだ相手の事が好きだと思う方は"自分にも非はあったのではないか"と考えるようです。
自分の行動や言動を振り返り、相手の心理を理解しようとします。

  • 仕事のことばかりで家庭の事は考えていなった
  • 出産してから子供の事ばかりで夫の事をないがしろにしていた
  • 日常生活の中でコミュニケーションをとろうと努力しなかった
  • 夫婦としてスキンシップを行う事がなくなっていた

相手に対しての愛情が少しでも残っている場合、夫婦関係の修復に希望を持ち、自らも努力しようと考えるようです。


これまでに、あげた理由以外にも
浮気を単なる火遊びと捉え「今後の主導権を握る事ができる」と、あえて浮気/不倫を許すという強い方もいます。
他に、子育てのパートナーしてしか見ていない(異性としての意識がない)ので怒りという感情が湧かない方や、
自分も浮気/不倫をしているからあえて問題提起しないという場合もあるようです。

夫婦関係修復と復縁のための浮気調査とは

ここでは、

  • 夫婦関係の修復、復縁を目的とした浮気/不倫調査を依頼した
  • 調査の結果「不貞行為の事実」である"証拠"を手に入れた

という前提で、ポイントとその後の流れについてご説明をしていきます。


 

冷静に考え判断する

証拠となる報告書で具体的に浮気や不倫の事実を目の当たりにしたとき、予想や覚悟はしていたとしても、とてもショックを受けると思います。
傷つき悲しみ、そして怒りや憎しみ、さらには嫉妬や不安という感情が入り乱れて、とても冷静ではいられませんよね。

自責の念や、もっと早く気付いていればと強い後悔に苛まれたり…。
いろんな感情が頭の中を駆け巡り、とても冷静ではいられないと思います。

しかし、大事なことや目的を思い出して、一呼吸おいて冷静になってください。
感情的になって報告書を突き付けたり、取り乱したりしてしまうと、相手に逆ギレされて「離婚しよう」と開き直られるなどリスクを招いてしまいます。

それとなく浮気/不倫を話題にした会話をする

友人や知人の話として、または「有名人や芸能人が浮気/不倫をしている」という話題をさりげなく話してみた時の相手の反応はどうでしょうか?

ここで見たいのは、相手が後ろめたさや罪悪感を感じているか、どうかです。
それがあると大抵の人は「もしかしてバレているのか?」という不安が表情や態度、言葉に現れるはずです。

その不安の感情から、自分がしている事は良くないことだと考えさせることがポイントです。

浮気調査をしたと話す時の注意点

前述致しましたが、夫婦関係の修復、復縁を望むのであれば、話す前に改めてなぜ浮気調査を依頼したのかを冷静に考えて、感情的にならないようにすることが理想的です。

浮気調査をした理由を相手にきちんと理解してもらわなくてはなりません。

  • 家庭を守りたいから、これ以上浮気/不倫を続けて欲しくなかった
  • 夫婦としてやり直すために証拠が必要だと思ったから

相手が浮気/不倫の事実を、責めたり咎めたりするためだけの話し合いではなかったんだと感じると、浮気調査を行ったことを理解してもらう可能性が高くなると思います。

浮気/不倫相手との今後について

報告書という"証拠"を手にしたあなたは、浮気/不倫相手との今後についても優位に話を進めることが出来るでしょう。
相手も"証拠"を握られているという事実を知れば、慰謝料を請求される可能性があるわけですから「この不倫関係はこれ以上続けると危険だ」と認識します。

この事からわかるように、身を引いてもらう前提での話し合いがし易くなるはずです。

「ダブル不倫」についての可能性は必ず事実確認を行う必要があります。
あなたの配偶者も慰謝料の請求をされる可能性が出てくるので、知っておかなければなりません。

話し合った結果を形として残す

話し合って決めたルールなどは「もう2度と同じ過ちは犯さない」という強い気持ちのもと、形として残す事をおすすめします。話し合いだけで終わらせないことが、再発防止にもつながります。
形式としては、

  • 念書
  • 誓約書
  • 公正証書

上記の3つがありますが、再発した場合のことを考慮して

  • 慰謝料
  • 親権
  • 財産分与

などを詳細に書面上に残したいところですが、法的な強制力を持つという意味でも「公正証書」という形式をおすすめします。

離婚せずに良好な夫婦関係を保つには

浮気/不倫をした事で、相手があなたを相当傷つけてしまったと反省をしてくれて、

  • もう悲しませるような事はしたくない
  • これから先は些細な問題でも二人で解決出来るように努めよう

そう思ってもらえるのはとても理想的な事ですね。

そんな風に思ってもらえるよう、あなたに必要な事、あなたにしか出来ない事があります。
その必要な事とは、以下の通りです。

 

自分も変わってみる

すぐにはそんな気持ちになれないかもしれませんが、意識を高く持ち、内面も外面も磨いて自信を取り戻してください。自分が出来る事から少しづつ行っていけば、相手もきっと変わってくれるはずです。
例えば、

  • 相手を気遣う言葉や、何気ない会話など

家族として、これからは「私」ではなく「私達」という言葉を意識して会話してみるのも良いですね。

そして何よりも

  • 笑顔でいる事

これが一番簡単でシンプルですが、とても効果的な方法です。

家庭内は心地の良い場所だと感じてもらう努力をする

◆心地の良い環境を作ってあげる◆

夫の場合

  • 労わる
  • 家族の中心にいてもらう
  • 意見に耳を傾けたり、尊重する

妻の場合

  • 感謝の言葉を伝える
  • 家事や育児に追われている事を理解し、手を差し伸べる
  • 世話をする母親ではなく、一人の女性として尊重する

◆愛情を感じさせる◆

不自然にならない程度に、愛情表現を行ってみるのも良いと思います。

浮気や不倫に走る原因の一つには、夫婦の間での"愛情のすれ違い"もあります。
いかなる原因があったにしても、浮気や不倫をする方が100%悪いのですが、離婚はせずに夫婦関係を良好に維持したいのなら、ちょっとした愛情表現を工夫して行ってみるのも有効と言えるでしょう。


◆今後は浮気/不倫したことを責めない◆

浮気/不倫はいけない事。
しかし、相手が反省し心を改め努力しているのなら、責めることは良い事とは言えません。

特に酔ったはずみで話を蒸し返したりするような事は、ないようにしましょう。

ある日突然浮気された事を思い出し、悲しくなったり、辛い記憶が蘇ったりと気持ちが不安定になってしまう時もあるかもしれません。

相当お辛いとお察しします。あなたの傷は深く、癒えるのには時間が必要だと思います。

もし、責めてしまった場合は謝る勇気も必要です。それからご自分を責めないでください。
気持ちの整理もしながら少しづつ、意識をしてみてください。
そして、ご夫婦そろって復縁の道を歩まれるよう願っております。

夫婦関係を修復し復縁をしたいなら行ってはいけない事

あなたが夫婦関係の修復、復縁を望むのなら以下のような行為は絶対に行わないようにしてください。

周囲への相談はほどほどに

"パートナーに浮気や不倫をされた経験がある"という友人や知人だと、助言をもらえたり、辛い気持ちを理解してもらえるようで相談したくなるお気持ちは理解できますが、全てを鵜呑みにしたりするとあなたが疲れてしまう可能性があります。

最終的にはお互いの愚痴・悪口大会のようになってしまってこれでは建設的な行いとは言えませんよね。

復縁する理由や家庭環境など、状況は人それぞれ。
周囲へ相談したいときは、ほんの気休め程度、意見を聞くのもほどほどになさって下さいね。

浮気/不倫調査の結果で感情的にならない

浮気/不倫調査の結果「不貞行為の事実」の証拠を目の当たりにしても

  • 感情任せに責め立てる
  • 暴力や暴言を浴びせ、暴れる

このような行為をする人と、夫婦関係をやりなおそうと考えられるでしょうか?
あなたは不倫による被害者かもしれません。ですが、このような行為は家庭内暴力で、訴えられる可能性があります。

自力で浮気調査を行う

友人に頼んで浮気調査をしてもらう場合も含まれます。

素人である、ましては顔も知られているあなたや友人が浮気調査を行った場合、どうなるでしょうか?
必ず相手は強い警戒をします。

自力での浮気調査が失敗したのち、探偵に依頼したとしても相手が警戒を強めているようでは証拠をつかむのが難しくなってしまいます。

何よりも、相手はあなたを不信に思い夫婦関係の修復、復縁も困難になってしまいます。

不倫相手に対する嫌がらせ

不倫相手の職場や近所に言いふらしたり、脅迫文を送りつけるなどの行為は、名誉棄損や脅迫罪などで訴えられる可能性があります。

浮気や不倫の発覚直後は「離婚」の二文字が頭の中を駆け巡ります。
「許す」のか「許せない」のか、即決する事なんで出来ませんよね。

このページをご覧になっているという方は、少なからず夫婦関係の問題を円満解決したいと望んでいるはず。

エール総合探偵社 沖縄探偵は、夫婦関係の修復や復縁について、これまで様々なケースのご相談からご依頼、そして問題解決へと導くお手伝いをさせて頂いております。
今お抱えになっているお悩みを一緒に解決しませんか?

夫婦関係の修復や復縁についてお悩みの方、どんな些細な事でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい。

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

無料相談はこちら 24時間受付・年中無休

0120-783-466

お気軽にお問合せください

無料相談はこちら

0120-783-466

フォームでのお問合せ・ご相談は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス・受付時間

住所

〒901-2131 沖縄県浦添市牧港1-44-15

受付時間

24時間

休業日

年中無休

※フォームからのお問合せは24時間受付しております。

代表者ごあいさつ

又吉 

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。