運営:エール総合探偵社 〒901-2131 沖縄県浦添市牧港1-44-15
沖縄県公安委員会探偵業届出証明書番号:第97080012号
一般社団法人日本探偵士会認定第1022号

無料相談はこちら 24時間受付・年中無休

0120-783-466

自分でできる盗聴器の発見方法

盗聴は意外にも身近で起こっているものです。
盗聴が行われる場所で一番多いのが、一般家庭なのです。

家の中にあるコンセントや、小型の家電製品、日常で使用するような小物に盗聴器は仕掛けられていることが多く「盗聴」されるなんて、身に覚えがない人は気付きづらいことも少なくありません。

少しでも気になることがあれば、プロの探偵に盗聴器調査を依頼すると安心ですが、お金を払ってまで・・・、と悩んでいる方、まずはご自分で盗聴器調査をしてみてはいかがでしょうか。

エール総合探偵社 沖縄 探偵が、初めての方でもできる“盗聴器を発見する方法”について詳しくご説明していきたいと思います。

実際に盗聴器を発見した際の注意点と対処法についてを必ずお読みになり、ご理解したうえで行ってみてください。
 

盗聴器を自分で発見する事は可能か?

結論から申し上げますと、自分で発見する事は可能です。

家中の盗聴器の全て発見しようと思ったら、プロの探偵が使用している高性能の発見器で探査するのが一番ですが、注意深く調べれば、特別な技術や機材がなくてもできて、お金を一切かけずに調べることも可能です。

プライバシー保護や、安全のためにも盗聴器が早期発見できるよう、盗聴器が仕掛けられている際の変化について、以下のチェクリストをご確認ください。
何か心当たりのある方は、一度徹底的にご自宅を調べてみる事をおすすめします。

盗聴器が仕掛けらてる際の変化

  • 不審な人物を見かけるようになった
  • 家の周辺で不審な物音がする
  • 近所に見慣れない車両が長時間停車している
  • 自分でつけた覚えのないコンセントタップがある
  • 知人からぬいぐるみや置物(飾り物)等の贈り物をもらった

関連記事➡あなたは盗聴/盗撮されている⁈

 

目視で盗聴器を見つける方法

盗聴器が仕掛けられていそうな場所を、実際目で見て確かめてみましょう。

特殊な道具なども要りませんが、大事なポイントは、些細な変化や違和感にも気付けるようにする事です。

自分で買った覚えのないものや、見覚えのないものは盗聴器が仕掛けられている可能性があるので、注意深く行いましょう。

特に注意する個所や、探す場所について以下のチェックリストをご確認ください。

盗聴器が仕掛けられやすい箇所

◆家の中◆

  • 置物・飾り物(ぬいぐるみ、鉢植え、使用していないバック等)
  • 家具の裏・下部・内部(ベッド、タンス、書棚等)
  • 電化製品(エアコン、照明器具、電話機、PC、時計等)
  • コンセント周り
  • ブレーカー内部

車の中◆

  • 座先シートの下や脇、隙間等
  • ルームランプの内部
  • ドアポケットの中
  • ゴミ箱の中

バレないように分かりづらく死角になるようなところや、薄暗い箇所などに仕掛けられている事が多い盗聴器ですが、最近ではもっと見つかりにくいように工夫されている物もたくさん出回っています。

日用品さながらの偽装型盗聴器とは⁈

実際に盗聴器とは、どういったものを思い浮かべますか?
普通に生活していると「盗聴器を見たことがある!」と言う人のほうが少ないですよね。

最近の盗聴器の怖いところは、どの家庭にでもあるような小型の電化製品や、日用品さながらの偽装型盗聴器が存在する事です。

どこでも自然に設置できてしまうため、よく使われるタイプとなっています。

 

偽装型盗聴器の主な種類

  • コンセントタップ、延長コード
  • スマートフォンの充電器
  • リモコン(TV、エアコン、照明器具等)
  • パソコン(マウス、USB、他のデバイス等)
  • 電卓
  • ペン
  • ぬいぐるみ
  • 置時計

上記の偽装型盗聴器は、ほんの一部です。
偽装型盗聴器はその他にも、姿や形、大きさを変えて無数に存在しています。

偽装型盗聴器の可能性が高い物の要素

  1. 人にもらったもの
  2. 見覚えがなく、いつの間にかあったもの
  3. 自分で買った覚えがなく、入居する以前からあったもの

「あらゆる物に盗聴器は仕掛けられている」という可能性を知るのも注意するうえでは、大事なことです。

コンセント周りの盗聴器

コンセント周りは、盗聴器が仕掛けられる可能性の高い箇所です。

そこで使用されるのは前述した“偽装型盗聴器”の種類で、ほかの個所と比較すると配線に紛れ、発見されづらいのが特徴の1つです。

しかもコンセント周りに仕掛けると、電源供給に不便がなく「ずっと盗聴し続けていられる」という犯人側からすると利点だらけで、盗聴器を仕掛けるにはもってこいの個所なのです。

コンセント周りに仕掛けられる盗聴器のタイプとして

  • 延長コードタイプ(どこの家にもある延長コードそのものです)
  • コンセントタップ型(台形のものや、白く平たい3面穴があるものが多くみられる)

この2つはよく見られますが、日頃自分で使用しているものと比べても、盗聴器の判断が難しく、見分けるにはプロに依頼すると判ります。

自分で見分ける方法としてできる事は、コンセントの本体についているアルファベットの印A~Fのいずれかが刻まれていないかを確認する事です。
アルファベットは周波数なのですが、刻まれていても必ず「盗聴器」とは限らないので、盗聴されている可能性の高い方や、心当たりがあって心配な方は、やはりプロに確認してもらう事をおすすめします。

コンセントタップ等は、日頃使用していて故障や不具合でもない限り注意して見たり、中を開けてみようとは思いませんよね。
防犯対策の習慣の1つとして、この機会に一度、ご自宅のコンセントタップを確認してみるといいかもしれません。

ラジオで盗聴器を発見する方法とは

盗聴器が発信する電波にはFMラジオで受信できる周波数と同じ周波数帯を使用しているものがあります。

FMラジオの周波数を少しずつ調整し、盗聴器が発している電波を受信し、盗聴器を発見するというものです。

調整している時に、FMラジオから部屋の中の音が聞こえたら、部屋のどこかに仕掛けられた盗聴器が室内の音声を拾っているということになります。

 

 

 

用意するもの

  1. FMラジオ(ダイヤル式だとすべての周波数をチェックできるのでお勧め)
  2. ミュージックプレイヤー(CDプレイヤー、スマホ、PC等)

手順

  1. 窓や戸は締め切って部屋を密室にする。
     
  2. 全ての家電の電源をONにする
    盗聴器は部屋の電子機器類から電源を供給していることがほとんどなので、確認のため家電全ての電源を入れる事。

     
  3. ミュージックプレイヤーを部屋の中央に設置し、常に音を再生させる。
     
  4. FMラジオの周波数を調整していく
    周波数を最小に設定したFMラジオのチューニングダイヤルを少しずつ回し、ゆっくり周波数を上げていきます。ゆっくりと周波数をあげていくのは、すべての周波数をチェックするためです。
    この時のFMラジオの音量は、うるさく感じないくらいの大きめの音量で行うのがおすすめです。

     

    ◆盗聴電波周波数帯/FM帯盗聴波リスト◆

    26.0950MHz 26.9980MHz 27.0000MHz
    27.1450MHz 32.0000MHz 34.4500MHz
    36.6650MHz 75.6000MHz 76.0000MHz
    76.2000MHz 76.6000MHz 77.0000MHz
    77.6000MHz 77.9000MHz 79.3000MHz
    79.8000MHz 80.9000MHz 84.4500MHz
    88.0000MHz 88.6000MHz

     

  5. ラジオから出る音に注意する
    ミュージックプレイヤーで再生させている音が、ラジオから聞こえてこないか注意して聞きます。
    もし、聞こえてきたら近くに盗聴器が仕掛けられています。その時点での周波数は固定しておきます。
  6. 盗聴器の仕掛けられている場所の特定
    ラジオを持ち、声を出しながら部屋の中を移動します。
    自分の声が大きく聞こえてくる場所は、盗聴器が仕掛けられている可能性が高い場所です。
    その場所でラジオの音量を上げてみた時に「キーン」と高い音が響けば、盗聴器がある場所だと思って間違いないでしょう。

FMラジオで発見できない盗聴器

FMラジオを使ってすべての盗聴器を発見できるわけではありません。
以下の盗聴器は、ラジオに対応が不可となります。

  • ステルス盗聴器
  • リモコン式盗聴器
  • デジタル式盗聴器
  • アナログ式盗聴器(FM波以外の周波数を使用)
  • ICレコーダー

ラジオを使用した盗聴器発見方法は、身近なもので調べられて便利ですが、全ての盗聴器を見つけたい、盗聴の心配や危険を完全に取り除きたいとお悩みならば、盗聴器発見調査をプロの探偵に依頼すると安心ですね。

市販の盗聴器発見器について

出典画像ALINCO:DJ-X11

 

市販の盗聴器発見器も、高性能なものからお手頃なものまで、現在は手軽に購入できるようになりました。

この盗聴器発見器を使用することによって、FMラジオよりはるかに広域の電波に対応可能になるので、より多い種類の盗聴器を発見できるようになります。

使用手順も、FMラジオを使用した場合と似ています。

 

 

 

手順

  1. 窓や戸は締め切って部屋を密室にする。
  2. 全ての家電の電源をONにする
    盗聴器は部屋の電子機器類から電源を供給していることがほとんどなので、確認のため家電全ての電源を入れる事。
  3. 手袋を着用して盗聴器発見器を作動させて、部屋の中を少しづつ移動しながら盗聴器を探す
  4. 最も高い音がする場所を特定する

※盗聴器発見器のタイプや販売元などで、若干使用方法が異なりますので、ご使用の際には添付の取扱説明書をご確認ください。

FMラジオより優れた性能の盗聴器発見器ですが、こちらもFMラジオ同様、全ての盗聴器を発見できる訳ではありません。
盗聴器は調査をしている際に、電波を発していないと発見することができません。
盗聴器を取り付けた犯人側でスイッチのONとオフを切り替えるリモコン式などや、デジタル式の盗聴器には対応不可能です。

また、スクランブル式と言って、一定の間隔で周波数をコロコロ変えるため、盗聴器発見器での伝波の傍受が困難なタイプもあります。

盗聴器を発見した際の注意点と対処法について

盗聴器を発見した際も、盗聴されていると考えて行動してください。

盗聴器を仕掛けた犯人に「盗聴器がバレてしまった」と知られないように配慮しましょう。

犯人がストーカー行為の一環で、盗聴を行っていた場合は二次的なトラブルも心配なので、できる限り盗聴器には気付いていないふりをして、冷静に対処しましょう。

 

注意点

  • 盗聴器を発見した際、驚いて声を出さない
  • 盗聴器の近くにミュージックプレイヤーを設置、音楽ををかける
  • 大事なことや聞かれたくないことは、LINEや筆談で伝える
  • 盗聴器に触れる時には自分の指紋をつけないようにする

いかがでしょうか。

このページでご説明した簡単な盗聴器発見方法では、マニアが使用するような見つけることが難しい盗聴器も数多く存在します。

ただの盗聴マニアならば、盗聴器を発見、撤去しても再び盗聴器を設置しに来るというような自分の身バレのリスクも伴なう行為をする事は考えづらいのですが、盗聴する事がストーカー行為の一環であったり、個人的に恨みを買っていたりした場合は注意が必要です。

盗聴器を撤去してしまうと、相手が感情的になったりして過激な行為に及ぶことも懸念されるからです。
そのようなケースでは、速やかに犯人の特定をおこない、今後の対策を取らなければなりません。

そのようなお困りごとは、我々エール総合探偵社 沖縄探偵にお任せください。
豊富な経験と、これまで培ってきた的確な直観力で行う調査は自信があります
盗聴器調査(発見/撤去)についてお悩みの方は、ぜひお気軽にお問合せ・ご相談下さい。

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

無料相談はこちら 24時間受付・年中無休

0120-783-466

お気軽にお問合せください

無料相談はこちら

0120-783-466

フォームでのお問合せ・ご相談は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス・受付時間

住所

〒901-2131 沖縄県浦添市牧港1-44-15

受付時間

24時間

休業日

年中無休

※フォームからのお問合せは24時間受付しております。

代表者ごあいさつ

又吉 

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。