運営:エール総合探偵社 〒901-2131 沖縄県浦添市牧港1-44-15
沖縄県公安委員会探偵業届出証明書番号:第97080012号
一般社団法人日本探偵士会認定第1022号

無料相談はこちら 24時間受付・年中無休

0120-783-466

探偵と言う職業について

探偵になるにはどのような事を学ぶのでしょうか?

簡単に探偵とは、個人・団体は関係なく、依頼を受けたことに対して調査や情報集めをし、依頼者に報告し報酬をもらう仕事です。

探偵になるには、特殊な資格や免許、学歴、職歴が特に問われないそうです。

なので極端に言えば「今日から探偵です」といえば探偵ということになりますね。

しかし、何の知識や信用、知名度もない人お金を出して依頼する人なんていないですよね。

やはり無知のままではできませんよね。

実際、探偵をしている人はどうやって探偵になったのでしょう。

本などの専門書で学ぶ方法があり、専門知識はある程度学ぶ事はできます。

しかし、本や専門書だけでは技術面が乏しくなってしまいます。

そこで探偵学校や通信教育で専門知識や専門技術を身につける方法もあります。

日本国内だけでも探偵学校は、26校と意外とおおくありました。

また多くが全国で誰でも受講できるように各都道府県に姉妹校があったり通信教育を設けているところもあります。

探偵学校では、具体的な尾行、調査のやり方、証拠写真、指紋の取り方、特殊な機材の使用方法から探偵の守るべき条例や知識、資料と情報整理の仕方から報告書の書き方まで、総合的に学べるようにしてあることろが多いようです。

また、探偵事務所の開業を夢みている方でも開業する際に、特別な国家資格を必要としないで問題はないのですが、公安委員会に届出を行う必要があります。

特別に探偵業を営めないような条件がない限り開業し探偵をすることができます。

ですが、探偵学校を卒業したから開業するよりは、探偵事務所や通信所などで働き、経験や実績を身に付けてからの独立がいいと思います。

学校に通わず探偵事務所で働き知識や技術を身に付けながら、スキルをあげ探偵になることもできます。

しかし、探偵事務所も全く無知な人よりはある程度知識がある方を採用しているところが多いようです。

探偵の業務はやり方を間違えてしまえば法律違反だと訴えられる場合も存在するそうです。

法律との際どいギリギリの間での仕事になります。

慎重に行動しなければいけませんね。

尾行や相手への接触などがあり、同じ尾行でも時間や場所が変わることもあるので、毎回同じ方法ってわけにはいきません。

いくら専門の知識や技術が備わっていてもセンスが大事になってくるそうです。

なので、やりたい気持ちだけでは厳しいかもしれませんね。

また、「探偵になりたい」というと、言葉の響き的なのかあまり賛成してくれる人は少ないようです。

探偵といっても悪い事をしているわけではないので、なぜなりたいのか明確に伝えるのも大事だと思います。

様々な調査を行い依頼人に仕事内容を報告する?

一般的に探偵に悪いイメージを持っている人が多いと思います。

しかし、探偵と言っても浮気調査や悪い証拠を集めるだけではないんです。

テレビ企画などで見る恩人を捜して欲しい、詐欺に遭ったので相手を探して欲しいというのも探偵の仕事なんです。

良い意味での調査もしてくれているってことですね。

探偵の調査だけでなくさまざまあります。

相談、調査、調査報告書などの資料作成、事務所の宣伝、調査機材の手入れなどがあります。

相談業務は、相談者から悩みを聞き、良い解決方法やアドバイスをします。

ここでの対応が信頼関係につながり依頼へと結びつくので、ここで雑な扱いをしてしまうとお客様を失ってしまいます。

調査業務は、浮気調査、行方調査、人物調査、盗聴器・盗撮調査、対人関係、金銭問題の調査、会社調査などがあります。

依頼内容に基づき、聞き込みや尾行、張り込みなどをし、依頼に関わる情報を収集します。

時間帯が不規則なので体力も必要となります。

この業務は探偵のメインの仕事になります。

調査報告書などの資料作成業務は、調査した内容を調査報告書として1つにまとめます。

調査報告書は依頼者が調停や裁判で利用することもあるため、法実務上通用する程度のものに仕上げる事が必要になります。

宣伝業務とは、自社を公告するチラシ配りやティッシュ配り、ポスターの設置などをします。

調査依頼が少ない時などに実施することがお多いようです。

調査用機材の手入れとは、調査するにあたり人だけでは難しい部分があります。証拠を押さえる為の撮影機材や移動の際の車両、双眼鏡、パソコンやプリンター、ボイスレコーダー、すぐにでも使えるように定期的に機材の手入れをしておきます。

撮影機材が壊れていて、大事な証拠を撮れなかったり、尾行中に車両にトラブルなどがあると何も意味がなくなってしまいます。

探偵は調査のみ行って、ずっと外にいたりして会社にはいないもんだと思ってましたが、相談や報告書作成など細かい仕事もあるんですね。

探偵が行ってはいけない業務もあります。

刑事事件へ介入したり、潜入調査、家宅捜索などです。

刑事事件や潜入調査はスパイ行為とみなされ法令違反となります。

探偵業務は特にルールがないわけではありません。

資格はいらなくても「探偵業法」を守って業務を行わなければいけませんので注意が必要ですね。

探偵業協会では資格試験・認定制度を推進?

日本で探偵は特に資格や経歴、職歴など関係なく探偵業を

行う事ができます。が、日本探偵業協会では探偵の資格試験・認定制度を推進しています。

平成19年6月に施行された探偵業法により、探偵業を行うためには「公安委員会」に届出を行う事が義務付けられました。

日本には、「探偵業の業務の適正化に関する法律(以下、「探偵業法」)という探偵業に関する規制法があります。

この法律のなかには、「探偵業務」の(定義探偵業法第2条1項)が以下のように定められています。

「探偵業務」とは、「他人の依頼を受けて、特定人の住所又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞き込み、尾行、張り込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務」とされています。

しかし、実際の探偵や興信所が行っている内容には、法律の定義以外の内容も発生してきます。

また、テレビでよくみる探偵の盗聴器発見調査は、「探偵業務」ではないことになります。

盗聴器の発見は探偵の専売特許にならないからです。

探偵が行う調査は奥が深く、探偵業を始めてからもノウハウが多種にわたり必要になります。

なので、技術や能力などの勉強が大事になってきます。

日本探偵業協会は、資格や認定を行うことで質の高い探偵業者を増やし、必要としている人が安心して依頼できる業界の環境づくりをしているそうです。

資格は2種類あり、「一級探偵調査士検定」と「探偵業務管理検定」があります。

「一級探偵調査士検定」は聞き込みや張り込み、尾行、関係法令など、主に技術面の知識が必要となります。

「探偵業務管理検定」は法令諸規則やどういった教育指導をするかなど会社の管理者向けとなっています。

資格なので、講義を受ければもらえるのではなく、一定の基準を満たさなければ合格はできないのでちゃんと勉強する必要がありますね。

探偵業は依頼料金の相場が不透明なことも多く、探偵業の料金は低料金でもしっかり仕事もしてくれるとこもあれば、高い料金で「えっこれだけ」と思う調査しかしないとこもあるそうです。

いざ自身が依頼をしようとした時に料金も大事ですが、一般的に資格等がないのが探偵業ですが資格や認定を保持しているかで、知識があるのかないのかを判断できる目安になるのであれば安心できますね。

日本で探偵業をする際は特に資格や学歴、職歴などは問われませんが、アメリカで行う場合は資格が必要となってきます。

米国にある私立探偵は数多くあり、ほとんどの州は厳しい規則とプロとしての許可要件を採用しています。

アラスカ、アラバマ、アイダホ、ミシシッピ、サウスダコタ、ワイオミングの6つの州のみは特に免許がなくてもできるそうです。

しかし、アラスカ、アラバマ、ワイオミングは地域の許可要件があるそうです。

州にもよるが探偵の免許は一般的に3段階に分けられています。

依頼者との商談が許される最上位の免許については取得までに5年以上かかるそうです。

カリフォルニア州を例にして、探偵業免許申請の条件として、18歳以上であること、3年以上(合計6000時間)の警察・消防・有免許探偵・保険会社・軍警察・弁護士事務所などで「捜査業務」の経験が実績としてあること、4年の警察科学学士履修プラス2年(合計4000時間)の実務経験、または2年半(5000時間)の実務経験が必要です。

上記条件を満たした者が州法務局およびFBIの犯罪歴証明を添えて免許申請し、筆記試験や面接を経て探偵免許が交付されます。

こういった条件をクリアし免許を持つ事ができ、びきの所持も許される公的制度もあるので、身分としては警察官よりも探偵の方が高いそうです。

すぐに探偵になれる日本とは全く違いますね。

これだとより安心して依頼できそうな気がします。

なので、探偵業の傍ら警察官を行う事は許されているが、その逆が許されるケースは極めて稀であるということです。

事情に通じた元警察職員であれば、探偵社に就職できたり、警察官をしての実績が一部実務経験年数に算入され個人開業できるケースも週によっては可能性はあります。

また、正当防衛を目的とした小型武器の携帯を申請する事が認められており、探偵が殺害されない年は無い程治安が悪いので、自然に市民に支持さら頼られる存在になっています。

年間の売上げが1,000万円以上と非常に高い探偵もいます。

債権の売買、回収、法執行、民間依頼の保釈義務不履行の逮捕連行を行う探偵も多いです。

業務上の銃器形態は、銃器携帯免許を申請交付されて初めて携帯することが出来ます。

交付される身分証は顔写真入りのプラスチック製で警察官のような金属製バッチは交付されません。

補償額1億円の業務賠償責任保険の加盟が義務付けされています。

探偵業助手・補佐・従業員に免許や資格はいらないが登録が必必要で、銃器携帯免許の申請はできません。

また、カリフォルニア州法では探偵業面免許で身辺警護などの警備業をしたり、警備免許で探偵業を行う事は許可されていません。

免許を取得することで銃の保持を認められたり。警察で調査に必要な情報を閲覧したり、取得することが可能になります。

こう見ると日本の探偵とは大きく違いますね。業務内容も警察以上にできたり、身分も守られています。

日本で探偵は、良い事をしているイメージはなく探偵をしている事を隠しがちのようですが、アメリカでは堂々と探偵と言えるくらいの業務ですね。

しかし、狙われる事も多いようなので簡単に「探偵してます」とは言わないほうがいいですね。

休憩もろくに取れない過酷な職業といわれる?

探偵はずっと見張りなどをして、その場から離れてはいけないようなイメージはなですか?

ふと思ったのが、食事休憩があるのか、張り込み中にトイレに行きたくなったらどうなるのか、服装は、バレそうになったり、バレたらどうするのかなどど疑問に思いました。

よくテレビで見る光景として、ハンチングにサングラス、トレンチコートで電信柱に身を隠しながら「パン」と「牛乳」って感じじゃないですか。

いかにも「探偵です」「張り込みしてます」って感じですよね。

探偵業をしている人は実際どんな感じになっているんでしょうか。

基本仕事中の探偵は「休憩」「昼休み」などないので、コンビニなどすぐに調達することができ、片手で手軽に食べる事ができる「おにぎり」や「サンドイッチ」、「パン」が多いそうです。

車両で行動している人は、「おにぎり」や「サンドイッチ」などにこだわらず「弁当」を食べる人もいるそうです。

しかし、目線が弁当に集中してしまう可能性があるのであまりいいようではないそうです。

調査が長期になることもあるので、栄養が心配ですね。

また、「お菓子」や「栄養補助食品」で必要最低限のカロリーしか摂取しない人もいるそうです。

沢山食べてしまい、眠たくなったりしてしまったり、トイレに行きたくなったりしないようにだそうです。

そう問題は、調査中のトイレをどうやって対応しているのかです。

調査中は自分の思うように行動できないので、まずはあまり水分を必要以上に摂取しないそうです。

現場に人数がいれば少しトイレに行くくらいは可能だが少人や一人の時は大問題です。

コンビニが近くにあればいいですが、ない状況になった時多くは車内にて、ペットボトルやビニール袋を利用し行うそうです。いくらしょうがないとはいえ結構辛い状況ですよね。

これを考えると調査は女性向けではない気がします。

調査でどうしても女性がい必要な時は、人数を増やすなどの配慮も大事だと感じますね。

最終手段として、大人用紙オムツを着用しているとかもあるそうです。

「服装」は特に決まりがなく、尾行する人や場所、TPOに合わせ溶け込みやすい服装が多いそうです。

やっぱそうですよね。いかにも「探偵です」って変な服装していると目立ってしまい、調査相手にバレたり、あの人怪しいなぁと注意をもらってしまいますもんね。

いかに不審なくカモフラージュするかが大事だそうです。

その為、一人でなくカップルや同僚を装い話しながら行動することもあるそうです。

生きるために必要な食事や生理現象のトイレなどこれだけ気を使いこれも大事な仕事ですが、とても大変ですね。

結果が出るまで探偵は大変で苦労する仕事?

調査していると、状況によってはトラブルが起きることもあるそうです。

調査対象のプライバシー調査や証言の録音、撮影など場合によってはあまり好ましくない方法で強引に、法ギリギリで行うこともあるそうです。

依頼人の要望に沿えない事もあるので、納得してもらえず逆恨みをかったり、暴力に巻き込まれたりと危険な時もあります。

訴訟や警察沙汰になってしまうと、間違えれば探偵業の免許も取り消しになってしまうこともあり、さらに損害賠償を請求されることもあるそうです。

命も脅かされるような仕事なので、簡単に憧れだけで出来る仕事ではないような気がしますね。

肉体的に大変なこともあります。

夏の暑い日や冬の極寒の日でも季節関係なく調査はあり、依頼によっては深夜まで続いたり、場合によっては海外まで行くこともあるそうです。

ひたすら歩いたかと思えば、じっと辛抱強く待機しなければいけないこともあり、状況に合わせて臨機応変な対応も必要になってきます。

調査なので自分の思うような行動はほとんどできません。

また体力をつけることも大事です。

精神的に大変なことですが、あまり好ましくないような場所への立ち入りや問題のある人々の間で活動したりする時もあります。

また、人や世間のダークな部分に接することもあり、他人の非難や軽蔑、冷たい対応などにも他耐えないといけないこともあります。

対象相手の行動に合わせての調査なので、生活リズムが不規則になったり、プライベートな時間が取れなかったり、相手の行動にある程度の計画を立てていても、動きが変わったりする場合も多いです。

と考えると探偵はプライベートはあるのでしょうか。

仕事に合わせての行動なので、家族や恋人、友人と会う約束を守れそうにないし、プライベートもほとんどなさそうですね。

一度調査に出ると何時に仕事が終わるか読めないこともあり、よっぽど探偵の仕事が好きで「任された仕事はきちんとやり遂げる」というつよ責任感がある人でなければなかなかできないし、続けられない仕事ですね。

何日も、何週間もかけて調査対象者を尾行や張り込みしても証拠が上手くつかめないこともあります。

どれだけ頑張りましたなんてアピールしたとしても、結果がでなければ依頼者には何のメリットもないもんですね。

簡単に「できませんでした」なんても言えませんよね。信用も信頼もなく今後の業務にも支障がでてくることもありえます。

「結果」に対してのプレッシャーや責任もあり、「結果」を出すためのスキルアップもしなければいけません。

 

 

探偵業務に向いている人とそうでない人の違い?

探偵は資格や学歴、職務を必要としないので基本誰でもなれます。

しかし、適正だったり向き不向きがあります。

基本的には、体力、知力、最新的に力があり、交渉力がある人が向いています。

暑い日や寒い日など季節関係なく年中行う仕事で、長時間の尾行や待機など、機敏な対応も必要になってきます。

いくら体力に自信があるからといって体育会系でも人並外れて体が大きいと目立ってしまうので、体力とともに容姿も重要です。

また、色んな苦労やトラブルに屈せず精神的な強さも必要です。

調査は多数の人々に会うことも聞き込みなどでも重要な情報を得ようとするとかなりの交渉能力も必要になってきます。

依頼者の願いや気分も読み取り、浮気やもめごとの仲裁など人の心の動きにも敏感でなければなりません。

おおまかに3つ紹介しましたが、他にもこんな人が向いてるっていうのがあります。

「プライベートを犠牲にできる人」調査は何時から何時までと就業時間が決まっておらず、1日中や夜中などあり、また調査相手に合わせての行動になるので、調査相手が急に行動が変化したりと読めないことは多々あるので、プライベートの時間がなかなか確保できません。

大事な用事を蹴ってまでも調査しなければならないからです。

「フットワークが軽い人」場合によって海外かへ行ったり、片道300キロの長距離を行くこともあります。

そんな時、「遠いな~」と思う人と「どんな道で行こう」など苦に感じない人もいると思います。

フットワークの軽さは色んな場面でも必要になりますが、マイナスプラスどっちに感じるかの違いでフットワークの軽さは違いがでそうですね。

「色んな目線に立てる人」変わった発想や考え方など、また相手の気持ちになっ寄り添えることができる人がいいみたいですね。

「目立たない人、知識は豊富でも言葉少なめに人」行動や仕草など目立っている人やなぜか目立ってしまう人、ハーフ顔など特徴があると浮いてしまいます。

なので、どこでもいそうな体格やすれ違っても気にならないくらいの人がいいようです。

「好奇心旺盛の人やある程度の遊びや人生経験を積んできた人」浮気をした、された経験があったり、色んな世界を見てきたり、旅行など出かけることが好きだと土地や場所に詳しくなったりするので経験や知識が多いとその分調査に役立ったりするからです。

全てに当てはまらないと出来ないってわけではないですが、一般企業でも資質って求められますよね。

そんな感じだと思います。

知識だけが豊富で経験などがなく頭が固い人よりも、色んなことに興味があり好奇心旺盛で遊びを知っている人のほうが向いているようですね。

探偵に依頼すると気になるのが料金?

初めて利用する方は相場も目安も分からず、提示された料金を払う事になります。

そこで探偵に依頼したらいくらくらいかかるのか目安を紹介します。

基本的な料金形態は「調査料金」「経費」「手数料」「成功報酬」などがあります。

「調査料金」は着手金、人件費、深夜早朝割増、危険手当など調査する際に必要な経費です。

「経費」は交通費や宿泊費、車両費、燃料費、高速代、通信費、カメラなど撮影機材にかかる経費です。「手数料」は報告書などの作成費です。

「成功報酬」は成果の程度に応じて支払ってもらう成功時の報酬金になります。

探偵業社によっては、1日3,000円で「調査力や信頼性」をお試しできるものや「結果」ではなく「証拠」が取れなければ総額0円というところもあります。

料金を定額にしているところもあり提示料金から増える事もありません。

また、裁判用の書類を作成し証拠として不認定の場合、金額返金や5年間補償など手厚いところもあります。

成功報酬は探偵業社によって基準が違うので、「浮気をしてました」で成功報酬を払わなければいけないとこもあるし、「証拠が取れませんでした」で成功報酬を頂かない業者もあります。

例えば、ある業者に浮気調査をお願いしたとします。

A社は探偵2名、3時間で「調査料金」だけでも54,000円です。

B社は探偵2名、3時間で全て込みで42,000円もあります。

業者によっても料金は異なりますが、3時間で浮気の証拠を見つけるのはいくらプロでも難しいそうです。

なので、3時間で全て込みで42,000円と言っても時間が長くなればなるほど料金はかさんで高額になってしまいます。

恩人や音信不通の家族などどうしても会いたい人を探すなどであれば別ですが、高額なので浮気調査などできれば利用したくないと思いますね。

何に料金がかかるかなど項目を明記している業者は多いが、いくらと記載されてる探偵業者はあまり多くありません。

それは調査の内容によって異なるからだそうです。

料金もピンキリなので「いっくらです」という表記がなかなかできないようです。

なので、料金の代わりに「証拠が取れなければ0円」や信頼性や実績などをアピールしている業者が多いようです。

料金も大事ですが、信頼してお願いできる業者を選ぶことをオススメします。

料金が安くても自分でも分かるような調査報告をしてきたり、高額で裁判に絶対勝てるような証拠を見つけてくれたりする業者もあります。

逆に安くてももちゃんとした証拠を見つけてくれたりする業者もいます。

なので、1ヶ所だけでなく数ヶ所に見積もりや相談をし、信頼でき全て任せられる探偵業者を探すといいと思います。

偽り業者もいるので自分の目で見たり話したりするのが一番いいです。

探偵の給料は探偵事務所によって異なることが多い?

賃金は、職種によって多少の誤差はありますがだいたい相場は決まっていますよね。

なので、平均的な年収を出すのは難しいようです。

一般的には探偵への依頼料金は高いとイメージされている人も多いと思います。だから「探偵は儲かる」なんて思っている人もいると思います。

会社の営業力や実績が高く、仕事の依頼が多ければその分お金は入ってくるので、上のクラスになると年収1,000万になる人もいるようですが、これはほんの一部だそうです。

正社員で大手事務所なら月収30万前後、小さい事務所だと20万前後くらいで、何年働いてもずっと同じ人もいるそうです。

アルバイトや非正社員は時給で雇われているとこも多く、1,000円から1,500円くらいと一般的なアルバイトと時給は変わらないようです。

探偵業の収入源は主に成功報酬となっているからのようです。

着手金は必要経費なのでほとんど利益にはならないからです。

しかし、成功報酬が必ず依頼者から頂けるってわけではありません。

探偵事務所によっては証拠が取れなければ一切依頼料金を受け取っていないところもあるそうです。

結果に納得や満足してもらった上で依頼料金を頂けるのがほとんどですが、依頼者の中には「こんな結果で、なぜこんなに払わないといけないのか」など詐欺ではないかと疑われ払ってらえないケースもあるようです。

調査をしたからといって必ずお金が貰えるわけではないようです。

相談は無料ですが、調査をすると人が動くわけですから費用がかかってききます。

すぐに証拠が取れればいいのですが、時間や日数が増えればそれだけ費用も増えます。

車や電車で移動したり、撮影機材を使用したりなど費用が結構かかるそうです。

なので、依頼料金を多少高額にしないと運営できないので依頼料金を高くしているのが現状のようです。

働く側として、給料が少ないといくら探偵業が好きでも生活ができなかったり、働きがいを見いだせなかったりとマイナスがでてきますよね。

そうならないためにも、雇う側も基本給とは別に成功報酬をプラスするシステムを導入しているとこも多いようです。

そうする事で、働いている人もモチベーションを落とすことなく働けるからです。

また、成功報酬がもらえなければ自分の給料にも反映されるので、成果を出し、信頼をもらい、広告なども活用し会社を有名にすることかもしれませんね。

探偵業務は女性にしか出来ない調査もある?

テレビや漫画などから探偵といえば男性とイメージがありますが、女性でも探偵になれるのでしょうか?

また、女性を必要としている探偵事務所もあるのでしょうか。

女性を雇いたいと思う探偵事務所は多いようです。

相談者が女性の場合、男性に相談するより同性の女性の方が安心するからです。

相談の内容によってデリケートな内容もあり、男性が聞くより女性のほうがより詳しく深い内容まで聞けて、本音を聞き出せるって事も出来るそうです。

また、依頼者である女性の方から「相談は男性でなく女性にしたい」という要望も多くなってきているそうです。

旦那や彼氏が浮気しているかもなど、女性からの相談であれば同性のほうが話も共感できたり、理解しやすいという面もあるそうです。

男性には言い出しにくいことも女性になら相談しやすくなります。

そうですよね、私ももし相談するなら女性の方がいいです。

尾行や張り込みなどといった調査でも、男性2人が一緒にずっと歩いていたり、ホテルの近くにいるだけで目立ってしまいますよね。

女性の探偵を連れていれば、カップルに見え怪しまれる確率も少なくなります。

また、女性向けのショップに男性が入ると怪しまれますが、女性だと何も気に留められることがないですよね。

また、男性向けショップでもプレゼントを探しにきたのかなんて思う人もいるので、違和感なく入れます。

女性専用サウナや女性専用電車などにも潜入できるので、詳しく調査できる事もあるそうです。

これは女性ならではの特権ですね。

あと、女性の感は鋭いなんてよく聞きますよね。

それも調査に役立てる事ができるようですね。

女性の探偵のメリットもありますが、女性の探偵は体力的に少しデメリットがあるようです。

いくら体力に自信がありますといっても、やはりそこは男性に比べると劣る部分があるようです。

何日にもわたり歩きまわり尾行したり、昼夜問わない調査は寝れないなど体力が必要になってきます。

また、自由にトイレなどにも行けないので女性特有の毎月ある体のサイクルの時には大変なようです。

その為、体調管理や調整は必要になってくるらしいです。

また、危険な場面もあるので、体を鍛えたり、護身術を習ったりと体力強化の努力が必要なようですね。

探偵業は依頼内容で仕事内容が決まるので、プライベートの時間がないといってもいいくらいです。

また、プライベートを犠牲にできるのかも大事なようです。

女性なら大事にしたい記念日やイベントですが、探偵を希望しているなら、そういった事はできないと諦めたほうがいいですね。

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

無料相談はこちら 24時間受付・年中無休

0120-783-466

お気軽にお問合せください

無料相談はこちら

0120-783-466

フォームでのお問合せ・ご相談は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス・受付時間

住所

〒901-2131 沖縄県浦添市牧港1-44-15

受付時間

24時間

休業日

年中無休

※フォームからのお問合せは24時間受付しております。

代表者ごあいさつ

又吉 

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。